査定の方法を知ろう|上手に不動産に相談をして安心の物件探し|理想の住まい発見
夫婦

上手に不動産に相談をして安心の物件探し|理想の住まい発見

査定の方法を知ろう

模型

マンション売却時の査定額の算出方法

現在の一般的なマンション売却の方法は、マンションが存在している環境や建築年数、向き、規模などを考慮して算出します。そしてマンション売却をする場合、規模が大きいと売却した事例が豊富にあります。その結果、マンションを売却する時は、戸建てよりも査定がしやすいことが分かります。つまり不動産会社にマンション売却の依頼をする前に、自己でおおよその査定額を知ることができます。そして現在では、ネット上に自己でマンションの査定が簡単にできるサイトが溢れています。それらを利用することで、マンション売却のおおよその査定額を知ることができます。このようなマンションを売却する時の査定額の導き方は、現在の主流になっています。そして査定額を算出する方法として要となっているのがマンションの建築年数です。

マンション査定額の算出方法の見直しの動き

しかしこのマンション売却時に要となっている建築年数を見直そうという動きがあります。それはマンションには管理組合があり、しっかりとマンションを修繕している場合には、躯体の保存状態が良いことがあります。つまり同じ建築年数であっても、修繕をしっかりしている場合はマンション売却の査定額が高くなります。これはマンションの建築年数だけでは、同じように査定額を導き出せないことになります。そのためマンション売却時には、マンションの管理組合がしっかり修繕をしているかどうかを知る必要があります。そしてマンション売却時において、上記のような査定時の見直しの動きがあります。このことからマンション売却時には、自己でおおよその査定額を知ることができますが、今後はマンションの躯体の修繕を考慮する必要があります。それは少しでも自己所有のマンションを高く売却することができる方法になります。